WordPress5.0で使いにくくなったエディタをもとに戻す

アップデートのお知らせがあって、WordPress5.0にアップデードしてから、投稿や固定ページのエディターがいつもと違うことに気がついて焦ってる人が多いと思います。

だって、こんな事になってしまってるのだから。

パーマリンクはどこいった?なぜに英語?テキストエリアが狭い?

実はアップデート前から、ダッシュボードにこんなお知らせが出てました。

今日から新しいエディターを試しましょう。

Gutenberg をプラグインとしてインストールすることで公式リリース前にテスト実行し、必要であればフィードバックできます。 テストバグ報告GitHub リポジトリ上でのコントリビューションを通じて手伝うことができます。

Gutenberg(グーテンベルフ)という名前の新しいエディターのようです。ということで、今後はこれが標準のエディターになりうようです。

でもこれは使いづらい。。。
いずれは、改善されていくのでしょうけれど、今は使えません!と判断。ということで対策。

まだ準備ができていませんか ?

WordPress の次のメジャーリリースからデフォルトで新しいエディターが有効になります。現在使っているテーマやプラグインに互換性があるかどうか分からない場合には回避策があります。 Classic Editor プラグインをインストールして、切り換えの準備ができるまで現在のエディターを使い続けましょう。

とありますので、ここはClassic Editerというプラグインを使って対策しましょう。

インストールして有効化するだけで、今までどおりのエディターにもどせます。

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加