WordPress 固定ページの子ページを一覧表示するプラグイン

WordPressの固定ページには親子関係をつけることができますが、あんまり使ってませんでした。

たとえば、あるクライアントさんのサービス一覧とか、商品一覧をサムネイル付きで一覧表示したい時、カスタム投稿を使ってやることが多かったのですが、ふと子ページを使えば簡単にできるんじゃないかと思いつきました。

商品がどんどん増える場合には、カスタム投稿を使ったほうがいいと思いますが、 いくつかの商品カテゴリがあって、あとはその商品カテゴリの概要だけを掲載するパターンがおおいので、それなら固定ページで十分なわけです。

子ページの一覧を表示するには、自前でコードを書かないとだめみたいで、WP_Queryなんかでコードを書くことになるわけですが、もしかして便利なプラグインをどなたか作ってくれてないかな?なんて調べてみるとありました!超便利なプラグインが。

Child Pages Shortcode WordPress › Child Pages Shortcode « WordPress Plugins

何が便利って、ショートコード [child_pages] ←[]は半角になおしてね。 を親ページに貼り付けるだけで、その子ページの一覧がサラッと表示されるところ。
これだけで、その子ページの一覧が表示されます。

もう、ほんと便利。
たとえば、トップページなど、親ページ以外に表示させたければ、

[child_pages id=127]←[]は半角になおしてね。

と、親ページのIDを指定すればOK。
ほかにも、

[child_pages width=”33%”]←[]は半角になおしてね。

とすれば、一行に3つづつ表示できるようになるし、

[child_pages disabled_excerpt_filters=1]←[]は半角になおしてね。

とすれば、抜粋を非表示にもできます。
このプラグインを導入するだけで、見栄えのよいデザインになってくれるわけですが、自分でCSSを組みたい場合はフックを使ってやる必要があります。

たとえば、以下をfunction.phpに書き加えます。

$templateの内容を書き換えればオリジナルのテンプレートにできます。(上記の例は、デフォルトのテンプレートです。)

デフォルトでは、CSS と JQuery でデザインされているので、無効化するには、以下を追加。

0
タイトルとURLをコピーしました