Windowsでキーボードの配列がおかしくなった時の修正方法

regedit Windows

Windwos7 Professionalを、英語版のWindwos7 Enterpriseにアップデートしたようで、その際にキーボードの配列がおかしくなったので見て欲しいと依頼がありました。

で、見てみると、一部のキーボードのキーに書いてある文字と、押して表示される文字が違うという現象が起きていました。特に記号関係のキーはめちゃくちゃ。

これは、使用しているキーボードが106配列(日本語)なのに、101配列(英語)として設定されているためです。
というわけで、解決策。

答えはマイクロソフトのオフィシャルページにあります。

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/927824

で、今回はレジストリを編集して対応できました。
以下、その方法ですが、レジストリは下手にいじると、致命的な問題が発生して、Windwosが起動しなくなってしまう場合もあります。とはいえ、必要な項目だけを間違えずに修正すればよく、それほど難しいものではないので、必要以上にビビる必要はないかと。

レジストリエディタを開く

まずは、レジストリエディタを開きます。

コマンドプロンプトで、regedit と入力します。
コマンドプロンプトは、Windows7なら、スタート→すべてのプログラム→アクセサリ に大抵入っています。
Windows8なら、すべてのアプリで、Windowsシステム ツールにあります。

regedit

レジストリ値を修正する

レジストリエディタが開いたら、HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
を開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE をクリックすればツリーが開くので、SYSTEMをクリック。そしたら、今度はCurrentControlSetをクリック。という感じで順に開いていきます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services

i8042prtを開くと、Parametersがあって、そこをクリックすると目的のレジストリが表示されます。(この画面はWindwos8の場合です。ちなみに、LayerDriver KORというのは、韓国語用のレジストリキーなので、関係ありません。(削除した方がいい場合もあるようです)

i8042prt\Parameters

修正が必要なのは

LayerDriver JPN
OverrideKeyboardIdentifier
OverrideKeyboardSubtype
OverrideKeyboardType

の、4箇所。
一つづつ、修正します。
修正するレジストリの名前のうえで、マウスの右ボタンをクリックし、修正(M)をクリックします。
レジストリ値の修正
LayerDriver JPN がおそらく、kbd101.dllになっているので、kbd106.dll に修正。
1606240013

OverrideKeyboardIdentifier はPCAT_101KEYになっているので、PCAT_106KEYに修正。
1606240014

OverrideKeyboardSubtype は、2、に修正します。
1606240015 

OverrideKeyboardType は7ですが、おそらく修正はいらないと思います。
1606240008

修正が終わったら、ファイル(F)→レジストリエディタの終了(X)をクリック。
1606240009

Windwosの再起動

あとはWindowsを再起動し、キーボードが正しく操作できるか確認してみてください。

 

 

+2
タイトルとURLをコピーしました