【WordPress】Instagramのウィジェットを自前で作る

Instagram のウィジェットは、FacebookやTwetterのように公式に提供されていないので、外部サービスをつかったりすることが多いみたいです。
そこで、APIからデータを取得して自前でHTMLを生成する方法を試しました。

必要なものは、

  • Instagramユーザーのアクセス許可
  • ユーザートークン

なので、あらかじめ取得しください。

WP側でインスタのウィジェットHTMLを生成するのですが、Instagram基本表示APIへのアクセスは一日200回までなので、ajaxで返すHTMLはupdate_optionでキャッシュしておくことにします。

以下、function.phpにコピペします。

 

あとは、ウィジェットのカスタムHTMLあたりをつかって、書き込む要素を作ります。

こんな感じで表示されます。あとはCSSでどうにでもできますね。

わかると思いますけど、HTMLは次の部分をいじくればOK

 

 

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加