Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/nakaike/www/accelboon.com/wp/wp-content/themes/cloudtpl_1002/functions.php on line 0
システム開発 | accelboon

システム開発

発注管理システムの開発実績

設計業務システム

設計業務において、膨大な図面と、手配リストの管理は、設計段階のみならず、以後の類似製品の設計開発にも影響をもたらします。

製品と図面番号をデータベース化して管理し、たとえばリビジョンの有無や、不具合、改良事項といった情報をマーキングすることで、次回の類似製品の設計者にひと目で注意喚起することができます。

また、資材部門への手配依頼を書面ではなく、データベース上でやりとりすることで、シームレスに情報を受け渡すことができ、業務の時間短縮による効率化を図れます。

資材業務システム

特に受注生産型の製造業においては、資材業務の発注・受入業務は煩雑になりがちです。

発注主、あるいは設計部門からの図面から手配項目を抽出し、見積書や注文書を作成する作業は非常に手間がかかり、帳面と書面ベースで確認する作業は、過発注、発注漏れ、などの発注ミスにつながります。

資材の管理業務をコンピューターシステムに置き換えることで、発注ミスを防ぐだけでなく、受入状況の把握が容易になり、加工・組立工程への資材供給をスマートに管理できるようになります。

会計業務システム

通常、納品書・請求書の発行は、製造工程と密接に関連します。

納品した製品情報・客先情報を元に、納品書と請求書を印刷・発行する業務を一元化することができます。

原価集計システム

各部門の作業時間の管理が必要な場合は、作業時間入力システムを提供します。
作業者が日々行った作業を、製品別に分単位で入力することで、作業時間を比較的正確に把握することが出来ます。
作業時間の集計と、資材集計を合わせて製造原価業務を支援することが出来ます。

また、一部の製造業では、材料のあまりを在庫に回すことがあるため、厳格な在庫管理が難しいこともあります。
その場合、在庫から受入を行ったことにするなどして、在庫管理を組み込まずに原価集計する仕組みを作ることも出来ます。

データベースにSQLを用いますので、柔軟な集計が可能です。
集計結果は、製品別、ユニット別、作業別、工程別、などお客様の必要な集計結果を提供します。

集計結果は画面上への表示、プリンターでの印刷のほか、CSV型式や、EXCELへの出力が可能なデータ型式でエクスポートすることもできます。

在庫管理システム

残材を在庫とする返庫処理など、在庫管理の処方はお客様によってさまざまです。

現場の手法に応じて管理しやすいシステムを構築します。

帳票の印刷システム

見積書・注文書・納品書・請求書等の帳票印刷を、お客様の書式に合わせて行うことが出来ます。

社章の印刷、住所印刷はもちろん、ミシン目用紙への対応など、お客様の仕様に併せて柔軟に提供できます。