[WordPress]海外からの不正アタックを止めるIP制限

WordPress

WordPressの乗っ取り。くらうと復帰が大変です。

ということで、やっぱり防御が一番大切。
アカウントとパスワードはしっかり管理することは当然ですが、セキュリティ対策として出来ることはするべきです。

WordPressのセキュリティプラグインはSiteGuardさんがおすすめ。

SiteGuard WP Plugin
SiteGuard WP Plugin は、管理ページとログインへの攻撃からの保護に特化したプラグインです。

なにがいいって、開発元が日本国内で設定画面を含め、日本語であるところ。そして、ログイン画面にひらがなの文字承認がつけられるのもいいですね。

そして、SiteGuardには、ログイン履歴を見ることも出来るのですが、ある日こんなことになっていました。

DDoSアタックだか、ブルートフォースアタックだか知りませんが、数分おきにアタックされてます。やめてくれ!って感じです。

セキュリティプラグインのお陰で、ブロックもしてくれるようですが、それでも心配だしサーバーにムダな負担をかけているようで気になります。

ということで、これらの変なアクセスをブロックしてしまいます。IPアドレスの場所を見ると、ほぼ海外からのアタックですので、国内以外のIPからは管理画面のログイン画面を含め、XMLRPCなどアタックの対象になるものをブロックします。

ブロックするのは、wp-admin、wp-login.php、xmlrpc.php、wp-cron.php の4つ。
WordPressの設置ディレクトリにある、.htaccessの最後に以下を追記します。(最後に追記するのは、あまりにも行数が多いから。)

allow from のところに、アクセスを許可するIPアドレスを入れておきます。が。国内のIPアドレスすべてを入れるので、かなりの行数になります。

国内のIPアドレスは、こちら→http://www.cgis.biz/tools/access/
で教えていただけます。

 

 

0
タイトルとURLをコピーしました