よくある質問


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/nakaike/www/accelboon.com/wp/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/nakaike/www/accelboon.com/wp/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

「アクセルブーン」 ってどういう意味?

アクセルブーン は ローマ字では、accelboon と書きます。
Acceleration と、 Boon という英語を組み合わせて作った名前です。
Acceleration は加速、Boon は利益という意味があります。
利益をどんどん加速できるような道具(ソフトウェア)を提供したい、という思いから名づけました。また、自動車のアクセルを踏むとブーンと走る、そんな軽快なイメージも込めていま
す。

何をしている会社ですか?

主に、パソコン用のフトウェアを開発していますが、他にもホームページの作成や修正もやっています。

ソフトウェアってなに?

たとえば、誰もが知っている、Wiiや、DS、PSPなどのゲームもソフトウェアの一種です。略してソフトと読んだりもします。
 また、アプリケーション(アプリ)と呼ばれるものも、ソフトウェアの一種です。携帯やスマートフォンのアプリもソフトウェアの一種です。

ソフトウェアってどうやって作るの?

コンピューターは、人間の言葉を直接理解することはできません。
 人間であれば、数字やアルファベットはもちろん、ひらがな、カタカナ、いろいろな文字を理解できます。
 でも、ほとんどのコンピューターは、0と1という2つの数字しかしらないのです。
 0と1をたくさん並べて、それをものすごいスピードで動かして計算したり、文字や絵を描いたりしています。

 また、人間と違って、コンピューターは教えてもらったことしかできません。自分で考えて行動することができませんので、人間がコンピューターに何をしなければいけないかを教えてあげないといけません。
 ところが、人間には0と1だけを並べた言葉を読んだり書いたりすることはできませんので、コンピューターになにをすればいいのか、教えてあげることができません。

 そこで、プログラミング言語 という、人間にもコンピューターにも理解できる言葉を使ってプログラムというものを作ります。
 コンピューターは人間が作ったプログラムを、0と1に置き換えて、プログラム通りに計算したり、文字や絵を書いたりします。

 つまり、プログラム言語を使って作ったプログラムが、ソフトウェアというわけです。

原価集計システムってなに?

たとえば、時計を作っている会社でのお話です。
 時計にはたくさんの部品が使われています。
 小さなネジや歯車、電池や電子部品など。それから、時計に 欠かせない数字がかいてある文字盤や、はりなどです。

 ネジはネジ屋さんから買ってきます。
 電池や電子部品も、それぞれ買ってきます。
 歯車や文字盤は自分の工場の機械で作ります。
 ケースをきらきらのメッキをしたり、きれいに塗装するのは外注といって、専門の会社にやってもらいます。

 そうやって、買ってきたり、やってもらったりする部品と、自分で作る部品があって、すべてに使ったお金を足すと、時計を作るための値段がわかります。それを製造原価といいます。

 製造原価には、他にも工場を動かすために必要な、電気代やガス、水道代、働く人たちのお給料なども足さないといけません。

 誰が、どんな仕事を、どれだけやったのか、を記録して、全部 集めて計算することを、原価集計といいますが、手間のかかる作業です。

 そこで、計算や記録が得意な、コンピューターを使って原価集計をしよう、というのが原価集計システムです。

1 2